*

#152 3連休 2019/02/13

*

この冬一番の寒さでしたが、いかがお過ごしでしたか。私は、町内会役員の研修旅行と云う事で、岡山へ一泊二日のバス旅行に行ってきました。3連休で賑わっている所もあれば、閑古鳥が鳴いている所もありました。

賑わっている所は、倉敷、日生の五味の市と最上稲荷。倉敷はいろんな言葉が飛び交っています。日生はマイカーで道も駐車場も渋滞でした。最上稲荷は、3大稲荷の一つで、多数の参拝者がいましたが、車で境内横まで行けるため、参道の商店街は多数の空き店舗ができていました。空いている所は、国指定重要文化財の旧野崎家住宅、市が○億円を掛け修復し、資料館や食堂を造った下津井回船問屋。下津井回船問屋は入場料無料でも客がいない状態でした。

宿泊した鷲羽ハイランドホテルは、従業員の手作りの営業努力を垣間見ることが出来ました。夜はロビーで、従業員による鬼面太鼓。司会者が英語や中国を交え、手馴れた手順でジョークを交えながらショーを進行。照明を消し、黒装束に蛍光塗料の付いた面とバチを持った5人の鬼が、順番に出てきて大太鼓をたたきます。太鼓より派手なパフォーマンスに拍手です。役員、フロント担当、接客担当、レストラン担当が、ホテルマンも鬼も大工もやる。一人が2役3役をこなしている様子でした。

#151 初穂料 2019/01/16

*

皆様、新年あけましておめでとうございます。

今年は、暦の関係で、例年より長めのお休みだった方もいらっしゃったのではないでしょうか?

さて、皆様、初詣は神社に行かれましたか?それともお寺に行かれましたか?

私は、神社に行きました。参拝した神社で、お守りを受けて来たのですが、受ける際に、神社にお金を納めます。そのお金のことを「初穂料」というのですが、なぜ「初穂料」というかごご存知でしょうか?

初穂料は、もともとお金ではなく、農作物で納めていたようです。大昔の日本では、神様にお供えする物として、稲や農作物があり、神社で行われる儀式等にも農作物がお供えされておりました。現在では、納めるのは農作物からお金に変わりましたが、大昔に行われていた行為から「初穂料」という名称で呼ばれているそうです。

#150 年の瀬 2018/12/18

*

今年も残すところあと2週間となりました。日中は商店街が賑わい、夜は忘年会で飲食店が賑やかになってきました。

忘年会といえば、最後に「一本締め」や「三本締め」で手締めを行います。手締めは地域によりいろいろあるようです。私が大学時代にいたサークルでは、「三と三との七拍子」と声を掛け、三三七拍子を三回し、続いて「もう一丁」と声を掛けて三三七拍子を一回して終わっていました。この三三七拍子を1回して締めるのを「一丁締め」といいます。

では「一本締め」とは。ご存じの方もおられると思いますが、「パン」と手を1回打って締める手締めです。お間違いないように。

#149 エルニーニョ 2018/11/13

*

11月9日、エルニーニョ現象のニュースが流れました。今年は暖冬かもしれません。しかし、週間予報によりますと、今週は日中の気温が20℃を超えることがないようです。通勤電車で、セーター、カーデガン等を着込んでいるサラリーマンや学生も見かけるようになりました。寒くなってきました。

寒くなってきたら温かい物が恋しくなりますが、最近、会社のそばに鯛焼き屋さんがオープンしました。鯛焼きと言えば、白いたい焼きやクロワッサンの鯛焼きが話題を呼びましたが、オープンした鯛焼き屋さんは、天然鯛焼きの店です。私自身、天然モノは食べてことがありません。天然の鯛焼きって何でしょうか。

鯛焼きの「天然」と聞いて疑問に思いますし、問題があるのではとも考えてしまいます。鯛焼きには、「天然」と「養殖」があるようで、「天然」を売りにするのは問題ないようです。「天然」と「養殖」の違いは鯛焼きの作り方。一丁焼きを天然モノといい、6尾から10尾を1枚の金型で一度に焼くものを養殖モノと言うそうです。

#148 燃費18.3km/L 2018/10/25

*

ステップワゴン。待望のハイブリッド。10月17日より連続休暇をいただいて、初の遠出で、高速道路を走りました。行きの燃費は18.3 km/L。中央道でガンガン燃費が悪くなりました。やや期待外れの結果です。中央道でどこへ?恒例の霧ヶ峰へ行ってきました。

恒例の霧ヶ峰とは、日本警察犬協会本部主催の日本訓練チャンピオン決定競技会です。今年は、私が指導者として初めて出場しました。写真は臭気選別メスD班80頭の1回戦の結果です(黒テープで消されたのが予選落ちです)。私と愛犬は、1回戦をストレート(全問正解)で突破し2回戦へ。2回戦の結果は、残念ながらゼロ解答ができず×1個の「チャンピオングループ」で終わりました。

「チャンピオングループ」とは1回戦を突破した犬の称号。その上は「チャンピオン」のみ。「チャンピオン」は、2回戦をストレートで突破した犬が、順位が決定するまでエンドレスで争います。今年は10頭が争い、千葉のアマが指導・所有する犬が日本一となりました。ただ2位以下の犬の称号は、やはり「チャンピオングループ」です。

私は2回戦の競技を終わったとき、警察犬協会の編集部課長に一言コメントを求められ、「来年は頑張ります。」と大胆なことを言ってしまいました。