*

#36 ラーメン業界初の接客日本一 2010/12/02

*
今は昔、接客コンテストで業界初の日本一になったラーメン屋さんがありけり。その名を九州らーめん「亀王」というなり。「亀王」は、2001年から2年連続で「ぴあランキング」麺類部門で一位になったラーメン屋さんなり。
ラーメン屋さんは、店員さんの言葉が荒々しく、時にはお客さんのラーメンの食べ方に注文をつける店もあります。女性や家族連れには入りにくい部類の店です。そんなラーメン屋さんの中で接客態度を変えたのが「亀王」です。今や多くのラーメンチェーン店で接客が良くなりました。
この「亀王」は、「龍鳳」という中華料理屋さんが15年前に始めたラーメン専門店です。「亀王」では、この11月より1年間「15周年感謝祭」を実施しています。加古川店は、毎月15日が餃子100円、25日は40円プラスで麺大盛。名谷店は、毎月10日が「かえ玉」80円、20日が餃子100円です。
「亀王」も「龍鳳」も、味は甘めです。世の中「激辛」ブームの中、甘めの味は子供に適しています。「亀王ラーメン」は、塩とんこつ、博多直送の極細ストレート麺、自慢の自家製ちゃあしゅう。ちゃあしゅうは、口に入れると溶けてしまいます。ちゃあしゅうは300g800円でテイクアウトできます。その他、焦がしニンニクの利いた「亀王ラーメン昔味」、元祖汁なし「油ソバ」、ちゃあしゅうの味の一番染みた部位だけを使用した「じゃんじゃん丼」、炒り卵とシャケをのせた「タマヨ丼」などがあります。

#35 濃い〜ラーメン 2010/11/28

*
家族で行くラーメン屋さんは、「らーめんとん太」「ラーメン太郎」「らーめん八角」「ちゃあしゅうや亀王」です。
「とん太」は、権現湖PA店。日本最初の高速道路のラーメン専門店。しかしPAのため、和洋中のサイドメニューが充実。メニューには、「テッパンそば飯」「味噌カツめし」「たまごかけご飯」という変り種もあります。
キムチがうまいと好評なのが「太郎」。セットメニューが豊富で二男に大うけ。
スープの濃さなら「八角」。真っ黒なスープの見るからに濃そうな醤油ラーメン。濃い口が好きな方にお薦め。濃い口でありながら、ダシの甘さと香ばしさが絶妙です。香ばしい味のスープは他にはないと思います。ネギともやしは無料で大盛りにできます。スープはコラーゲンの量により「あっさり」から「こてこて」の4段階。毎月8の付く日は餃子が88円です。お昼のセットメニューはたくさんあり、時間帯が長いのも助かります。是非こってり、ネギ大盛りで食べてください。「八角」は全て店内で仕込むため、店によって多少味が異なります。播磨本店がいいかも。
次回は「亀王」。

#34 三木の「やさいラーメン」 2010/11/03

*
三木市大村に「希望軒(ホープケンと読みます)」というラーメン屋さんがありました。今年より名前を「ホっポ屋」と変えています。東京の「ホープ軒」とのからみで名前を変えたようです。東京の「ホープ軒」は、背油のコテコテラーメンで全国的に有名です。三木の「ホっポ屋」は、豚骨ベースですが、背油がのっていません。年でしょうか、背油でコテコテのラーメンは敬遠しがちです。
日新リースの社員は、三木に行ったら「ホっポ屋」で「やさいラーメン」を食べます。健康を考えると「やさい」を選んでしまいます。「ホっポ屋」の「やさいラーメン」は、野菜をいくら食べても麺に届きません。野菜ばかり食べてしんどくなったら、取り放題のトッピングを入れてください。トッピングには、海苔、白ゴマ、ニンニク、ニラ?食べるラー油?があります。野菜の甘みに新たな味が加わり、引き締まった別の味となります。一杯のラーメンが、2、3種類の別のラーメンに変わります。ちょっと得した気分です。一度お試しください。

#33 検索ランキング第4位 2010/10/26

*
2009年12月の第3週、検索ランキングで第4位になったラーメン屋さんがあります。いくら接続しようとしても無理でした。接続に1週間以上かかってしまいました。実は検索したひとりに日新リースの社員もいました。5人でそのラーメン屋さんから共同購入しました(一人は無理矢理です)。このラーメン屋さんは「丸幸ラーメンセンター」といいます。台湾からのラーメンツアーもある人気店だそうです。丸幸さんのウェブサイトでは翌日発送とされていましたが、注文殺到で手元に届いたのが1月24日でした。
早速作ってみました。とんこつの臭みのないラーメンでしたが、意見はいろいろ。私を含め3人が気になったのが塩辛さです。スープを飲んだ後、特選醤油の塩辛さが口に残ります。私は、添付されている醤油を2/3とし、ダシ醤油を大さじ1杯加えて解決しました。期待が大きかっただけに残念でした。さらに私の場合は物足りなさも感じました。弁当なしで営業に出たときは、お昼にラーメンを食べるからかもしれません。いろんなラーメンを食べるためにシンプルなラーメンに物足りなさを感じてしまう気がします。
次回はそんな社員が食べたラーメンの話です。

#32 秋 2010/10/25

*
秋は「行楽の秋」、「食欲の秋」、「読書の秋」などたくさんあります。お金を使わずに気分を変えるために、弁当を持って青空の下でお昼をしてはいかがでしょうか。独身の頃は、釣り竿持って防波堤や砂浜でおにぎりや魚肉ソーセージを食べていました。釣行といいながら半分旅行気分でした。屋外で食べるおにぎりはなかなかのものです。
屋外で食べるといえば、当社の社員は弁当持ちが多く、営業に出たときなどはトイレのある公園の駐車場、コンビニの駐車場、道の駅の休憩所等で食事を取ります。車内で弁当を食べるのはわびしく、真夏や真冬はきついものです。しかし春や秋は気分が変わります。
弁当を持たずに営業に出たときは、コンビニ弁当か外食です。外食となれば、ラーメン屋さん、「まいどおおきに食堂」チェーン、「丸亀製麺」チェーンです。特に当社にはラーメン好きが多く、社内でも度々ラーメン談義があります。次回からしばらくラーメンの話をさせていただきます。