*

#76 和食、世界を制す? 2012/10/29

*
読書の秋、食欲の秋、皆さんの秋はどのような秋でしょうか。
今、私は通勤時間に小説を読んでいます。現在は、前回紹介した「みおつくし料理帖」の第5巻です。舞台は19世紀前半の江戸、元蕎麦屋の「つる屋」。「つる屋」の女料理人が料理に精進し…。まだこの小説は完結しておらず、最後はどうなるのか。現在は第7巻まで出版されています。この小説は、料理毎の短編が連続しながら、人情や生き方を一つの小説にまとめ上げています。区切りの良い長さが、電車の中で読むにはモッテコイです。帰りの電車で読むと「…こいつぁいけねぇ」(つる屋の主人種市の口癖)です。腹がグーと鳴りそうです。
我が家の夕餉は、カレー、ハンバーグ、から揚げ、ブロック肉をチャーシュやラフティに、あるいは100個の自家製餃子など洋、中が多いのですが、秋・冬には茶碗蒸しや鍋料理の回数が増えます。今月は、義兄より2回魚を頂きました。ハマチの刺身、塩焼き、あら炊き、フグのから揚げや鍋、エソは「すり身」にして肉団子に。「すり身」はヨーロッパでも「SURIMI」。フランスの蒲鉾消費量は年間5万トン、魚嫌いの子どもでも魚が食べられると好評で、ヨーロッパを席巻中。
そう言えば、日本料理アカデミー理事長で名店「菊乃井」主人の村田吉弘氏が、イギリスに出店準備中とか。また、日本政府が和食を世界無形文化遺産に申請中とも。日本料理が世界を制するのは近いか。

#75 八朔(はっさく)の雪 2012/10/01

*
9月テレビで「みおつくし料理帖」が放映されました。原作は、いたるところに回顧録が散りばめられています。これを計算して時系列的に作り上げられていました。原作を2時間に仕上げる脚本家の腕はすばらしいものでした。
しかし、時間的な制限が、大事なことを飛ばしており、ややハイ論法となっています。主人公の女料理人の澪と、天満一兆庵の関係。天満一兆庵の主人、ご寮さんそして奉公人の澪がなぜ江戸に出てきたか。江戸でお世話になっている「つる屋」と澪が、なぜ吉原に行くのか。吉原を訪れる澪の気持ち。帰りに心太を食べる映像がなぜ必要なのか。澪が、天満一兆庵の主人の死後もなぜご寮さんに尽くすのか等など。さらに澪役の北川景子の和服の着付けがいまいち。
放映されたストーリーに疑問、残念なところが多々ありました。原作を是非読んでもらいたいと思います。原作は、170万部売れたベストセラー。高田郁(かおる)作「八朔の雪 みおつくし料理帖」。ホロリとさせられると思います。ドラマのタイトルから「八朔の雪」がなぜ消えたのか。また疑問が。ちなみに八朔は「ついたち」とも読み、旧暦の8月1日を指します。夏に雪?

#74 秋です。犬の訓練始動 2012/09/10

*
日中は真夏の日差しですが、夜になると虫の音が聞こえるようになりました。それとともに、愛犬の訓練が本格的に始まりました。今年の後半は、2部臭気選別の練習をしながら、3部服従に3試合参加したいと思います。
そんな折、町内会の「かいらんばん」に、「犬にリードをつけるように」「町内の公園に犬を入れないように」と書かれて回ってきました。どうやら近隣の町で事故があったようです。週末は訓練所や犬の散歩仲間の間で話題となっていました。事故は、飼い主(主婦)がリードをして紀州犬を散歩していたところへ、子どもが寄ってきて噛まれ、足の肉を食いちぎられ重傷を負ったというものです。その紀州犬は、処分されたようです。犬のオーナー達は言います、飼い主が悪いのか、リードをしていても損害賠償しなければならないのか。他人の犬に子どもを近づけた子どもの親にも責任はないのか。処分された犬がかわいそうとの声も。
私のお世話になっている警察犬訓練所では、大型犬種や小型犬種が中心に指導を受けていますが中型犬種の入所はまれです。しかし、アジリティの世界は、中型犬が主流です。ボーダーコリー、マリノア(ベルジアンシェパード)、オーストラリアンシェパード。ラブラドールの場合は20kg前後の成犬。中型犬種が最も運動能力に優れているからです。大型犬種のみならず、中型犬種と飼い主も訓練を受ける必要があると思います。
犬の先進国ドイツでは、犬がオフリードで散歩し、公共交通機関にも乗れます。

#73 2012年 夏休み 2012/08/15

*
暑中お見舞い申し上げます。夏休みはいかがお過ごしですか。
今年は、涼を求めて岡山県真庭市の蒜山高原へ行ってきました。蒜山高原の宿泊は、ペット可のXmasコテージを利用しました。
蒜山高原は意外と近く、自宅からの距離170㎞。朝、10時ごろマックスバリューで買出し、加古川バイパス−播但道−中国道−米子道を走り、蒜山には午後2時前に着きました(途中「勝央SA」で昼食)。太陽はギラギラですが、街の気温は28℃で、風がありカラッとしています。暑さを我慢できるところでした。
蒜山高原には、30のアトラクションのあるジョイフルパーク、ハーブガーデン、牧場、サイクリングロードなど遊ぶところがたくさんあります。川もきれいに整備されており無料の河川公園となっています(駐車場は郷原漆器の館の無料駐車場利用)。我が家も河川公園で水遊びを楽しみました(写真)。
Xmasコテージでは、全ての食事をテラスで行いました。朝夕のテラスは、シャツ一枚では肌寒いものでした。夜は、窓を閉め、クーラーを掛けて寝ました。快適な気候のためもっと連泊したいと思いました。
そんな涼しい蒜山高原で熱いのが「ひるぜん焼きそば」。B-1グランプリin姫路でゴールドグランプリ受賞。親鶏・キャベツ・やや太めのしっかりした麺と味噌、果物、玉ねぎ、ニンニクなどを合わせた独特のソースをからめた焼きそばです。歯ごたえのある食材と、濃い甘辛ダレが絶妙のハーモニーです。薄口になれた方には濃過ぎるかもしれません。

#72 我慢の夏、日本の夏 2012/07/12

*
今年は計画停電の可能性を持って、より厳しい我慢の夏がやってまいりました。
日新信用金庫のグループは、昨年10%、今年は15%の節電目標です。日新リースは、エアコンの使用時間を制限することで第一週目の目標をクリアし、9日朝、電力使用量を日新信用金庫に報告しました。
そんな9日の午前1時、大飯原発3号機フル稼働。原発運転反対派の方はお怒りだと思いますが、これで、関西、中部、中国、北陸の節電目標が引き下げられました。引き下げられた節電目標は、関西以外が▲3%または▲4%。関西は▲10%。関電の原発じゃないんですか。
原発は運転を中止しても、核燃料が残っていれば危険だと思います。核燃料が放射能を出すわけですから。核燃料は、原発に1度供給すると3年間交換不要です。狭い日本に50機の原発があるわけで、その中に使用中の核燃料が入っていると思うとゾッとします。運転を中止しただけでは危険。早く核燃料を処分しないと安全とは言えません。
しかし、核燃料の最終処理技術はまだありません。今の処理は、使用済み核燃料をガラスに固め、カプセルに入れて地下深くに格納、未来の人に最終処理をお願いする方法です。使用済みの核燃料も放射能を出しています。20秒浴びると致死量になるとか。