*

#144 半夏生 2018/07/02

*

半夏生は「はんげしょう」と読みます。2018年は7月2日です。

半夏生は、夏至から11日目の梅雨明けの頃で、農家にとって田植えの後の大切な節目です。浜手の農家は、この時期に田に入るのを休み、稲の根がタコの足のように四方八方に伸びるようにタコを食べるようです。

タコ料理といえば、甘辛く炊くのが定番ですが、硬くなりがちです。昔から、大根でたたく。大根と煮る方法が知られていますが、私の母は圧力鍋で煮ていました。柔らかくなり過ぎる感があります。他に、炭酸水で煮る方法もあるようです。最近では、調味料と一緒に真空パックし、湯煎するかの如くコトコト煮る方法もあるようです。

ただ注意すべきは、みりんを使わないこと。日テレの「損する人、得する人」で北山智映シェフが、魚料理ではみりんを使うと身が固くなると言っていました。

#143 6月4日 2018/06/05

*

6月4日はむし歯予防デー。4日の新聞にサンスターが全面広告を掲載していました。商品はGUMメヂカルペーストEX。抗炎作用のGK2、組織修復成分のパンテノール、殺菌成分のCPCを配合した歯周病対策のペーストで、歯磨き後に歯に塗ります。味はまるで歯磨き粉で口を濯ぎたくなってしまします。

口を濯ぎたくならないのが、タブレット。最近、口腔内をケアし、歯周病予防を目指すタブレットが注目を浴びています。ポテトチップスの湖池屋とライオンから発売されています。湖池屋はLS1乳酸菌を、ライオンはTI2711乳酸菌をタブレットにし、口の中で舐め、善玉菌を増やし悪玉菌を減らすというものです。

健康で長生きするには歯が大切。80歳になっても自分の歯を20本以上保つことが推奨されています。日本人の80歳の平均は13.9本、20本以上保っている人は38.3%だそうです(平成23年歯科疾患実態調査)。外国では50以上の地域や国で水道水にフッ素が入っているようです。日本では、歯の記念日が週間・月間を入れると年間19回(添付ファイルをご覧ください)あるようです。悪くなる前にケアしましょう。

#142 五月晴れ 2018/05/10

*

ゴールデンウィークもようやく終わり、営業車で走っていると五月晴れの空に鯉のぼりが気持ち良さそうに風にたなびいているのをよく見かけます。

今は一年の中で特に過ごしやすい時期ではないかと思います。一般的に。しかし、私にとっては過酷な時です。花粉症に悩まされる季節がやって来たのです。春先の一般的なスギ花粉には反応しないのですが、毎年5月頃から梅雨入りするまでの間、マスクと薬が手離せません。

5月に花粉症の原因となる植物は色々あるようですが、私の場合、きちんと病院で検査していないので憶測ですが、ブタクサに反応しているのではないかと思っています。

とにかく、こんないい季節に花粉症で悩まされるのはとても辛いです。今年の梅雨入りはいつ頃になるのでしょうか。梅雨入りが待ち遠しい今日この頃です。

#141 花の便り 2018/03/27

*

暖かくなってきました。病院に行くとマスクをした人がたくさんいます。薬局で大きな袋いっぱいに薬をもらっている方もいます。気象庁によりますと、今年の花粉飛散予測は、昨年の1.5倍だそうです。アレルギーの方は十分な対策をしてください。

犬の世界でもアレルギーが増えています。花粉の他に牛に対するアレルギーがあります。犬に与えるミルクは牛乳ではなくヤギミルクです。幸い我が家の犬、我が家で生まれた子犬たちは大丈夫です。離乳食のときから牛乳で自家醗酵したヨーグルトを与えていましたので。

我が家で生まれた子犬をもらっていただいた方に小児科の先生がいます。その先生によると、近年人の離乳食にピーナッツバターを入れようとする動きがあるようです。アレルギーに対しては、アレルギー物質を少量摂取し、体質改善。これしかないのでしょうか。

#140 春浅し 2018/02/27

*

この冬は台北でも100年ぶりの積雪を観測、北陸では急な積雪による通行止めにより死者が出て、野菜は高騰、寒さは年々厳しくなっているようです。しかし、2月も最終週になって、やっと日差しが和らいできたように思われます。

野菜の高騰は、我が家の鍋料理の回数、種類、食材にも影響があったように思います。寄せ鍋や水炊きは回数が減り、豆腐やマロニーが幅を利かせ、おでん、中華、韓国、洋風の鍋料理が中心となりました。冷蔵庫の中には、チーズ、唐辛子、トマトベースの鍋の素の外に、開封した味ポンが2本もあります。

実は、我が家の食卓から醤油が消えました。ちりめんじゃこや漬物に何をかけているのかと言われそうですが、ちりめんじゃこや漬物に味ポンを使用しています。刺身にはたっぷりのワサビとダシ醤油。刺身のツマ・ケンにはダシ醤油の方が良い様に思います。

昔の味ポンは酸っぱいだけでしたが、今は非常においしくなっています。また、いろんな柑橘類を使用しており、いろいろ試してみたいものです。もちろんイカナゴにも味ポンです。