*

#16 カブトムシ 2010/07/13

*
男の子は、虫や爬虫類が大好き。カブトムシ、クワガタ、カエル、カメなど。そしてトカゲもOK。
我が家も子供のためにカブトムシを飼って7、8年になります。殺すことも出来ず、毎年飼い続けています。しかも、カブトムシは近親相姦をしませんので、毎年成虫の補給をしながら。
そんな我が家ですが昨年はとんでもない失敗をしました。羽化したカブトムシに気がつかず死なせてしまったのです。いつもは、7月に羽化するはずが、なんと6月に羽化していたのです。成虫を飢え死にさせてしまいました。これも温暖化のせいでしょうか。さらに時期が早まったことにより、幼虫飼育用のマットの準備も出来ず、インターネットで市販のマットを買ってしまいました。
結局2009年は3ツガイとなりました。3匹のメスが産んだ幼虫は、240匹。エ〜、ですよ。今まで飼育してきて1匹のメスが産む卵の数は2ダースが標準でした。ところがインターネットで買ったマットを使ったことにより2匹のメスが約100匹の卵を産んだのです。おそらく研究者の人でも信じられない話ではないでしょうか。おかげで、衣装ケースのマットは1〜3月を除き毎月交換となってしまいました。ほぼ毎月マットを交換するも、マット不足はゆがめられずやや小粒になるかと思っていました。
 結果、7月4日より次々と羽化。オスは大型から中型までサイズはばらばら。メスは全体的にやや小粒。今度はゼリー不足です。どなたか貰って下さい。

#15 話題のごちそう 2010/07/05

*
家族がよく見る番組に「秘密のケンミンSHOW」があります。
5月20日放送の「秘密のケンミンSHOW」で「もかむす」と言う食べ物が紹介されました。最中とおむすびの造語で、モナカの皮で味付けしたご飯をサンドしたもの。なんとモナカの皮から海苔の味がする不思議な食べ物だそうです。現在ウェブサイトの「秘密のケンミン館」では、おすすめランキング一位です。早々社員は明石ステーション東館で購入しました。値段は220円から。コンビニのおにぎりより100円高い。感想は・・・。
「秘密のケンミン館」では、兵庫県の商品として他に「かつめし」と「鶯ボール」が販売されています。どちらも良く食べましたが、「鶯ボール」が地域的な商品とは思いませんでした。
さて「かつめし」はいつ放送されたか。昨年11月26日です。この日、究極のご当地料理として紹介されました。洋食でありながら喫茶店、うどん屋さん、焼肉屋さん、お寿司屋さん、せんべい工場でも食べられる超人気のごちそうです。良く似た食べ物にトンカツ定食、カツ丼、ソースかつ丼、タレカツ丼などがありますが、「かつめし」は完全な洋食です。お皿にご飯を盛りその上にビフカツ(本来は牛ヒレ)。独特の甘めのデミグラスソース。その横に甘酢のキャベツが添えられています。「かつめし」は洋食になじみのない時代、洋食を食べてもらうために生まれた料理で箸で食べます。平成の初めごろまでに日新信金の加古川支店に勤めたことのある職員は、八重食堂の「かつめし」が一番うまいと声をそろえて言うでしょう。この食堂は店を閉めてしまいました。1000円で牛ヒレが食べられたのに残念です。しかし、前述したように加古川市のあらゆるところで食べられます。もちろんスーパーやコンビニの弁当コーナーにもあります。加古川のスーパーにはかつめしのタレも売っています。加古川駅の市民ギャラリーには「かつめしマップ」が置いてあります。最近は、ビフカツ以外に豚や鶏を使ったものもあります。カツがなくなっても、タレとご飯がベストマッチです。

#14 みそ汁 2010/06/23

*
久しぶりにお昼にセブンイレブンの味噌汁を買ってきました。最近は気持ちに余裕がなくて買っていませんでした。お昼はほとんど味噌汁を飲んでいたのに。もちろん営業に出ている時も。コンビニで味噌汁を買って、レジ横のポットで湯を入れて、コンビニの駐車場でお昼を取ります。最初の一口でホッとします。セブンイレブンのほか、ローソンやam/pmでも買います。
各コンビニのプライベートブランド(以下PBと言う)のカップ式インスタント味噌汁は、売り場の棚の下のほうにこっそり置かれています。上の方は味噌汁メーカーの物が置かれています。メーカーのカップ味噌汁は120円から170円ぐらいです。ところがコンビニのPBは100円から107円です。安い。しかもセブンイレブンのPBの味は文句なしです。PBを作っているのが永谷園やハナマルキですから。しかも具材の量は一番です。もしかして飲食店の味噌汁より美味しいかも。
PBは「安かろう悪かろう」と言うイメージがありますが、セブンイレブンは別格。セブンイレブンあなどるなかれ。ところで我が家の味噌汁はどうか。アサリの味噌汁は旨いですよ。身も簡単に取れるし。ちょっとした工夫がされていますから。こっそり教えます。酢が入っています。

#13 ほたる 2010/06/14

*
先週神戸新聞の東播ページでホタルの記事が載っていました。ボランティアのエコ活動で数匹が確認されたようです。ボランティアのエコ活動は各地で行われています。加古川のこどもの夢かなえ隊が「ホタルがすめるような加古川にしたい」、NPOひょうご森の倶楽部(確か私の記憶では農林大臣賞を受賞したことがあったと)、いなみのため池ミュージアム、エコウイングあかしetc, 私も昨年までエコウイングあかしで「ふれあいの里山」復活大作戦に二男と参加していました。昨年6月明石の金ヶ崎公園で森林整備作業をしていた時(写真)、立派なカメラを持った方がホタル鑑賞会のことを尋ねてこられました。
金ヶ崎公園はホタルが観れる公園です。地元の吉岡さんが中心となってホタルの飼育をされています。その時エコウイングの一人の方が、水がきれいになったからホタルが棲めるようになったと説明されました。ホタル=水がきれいという方程式が一般にあるようです。しかし、私たちの子供のころは田んぼで見られました。けっしてきれいとは言えません。「ホタルは清流には育ちません」と東条湖のそばにある「ホタル研究プロジェクトチーム」の西山さん。清流にはカワニナや糸ミミズなどエサになる生き物がいないからだそうです。
どうも自信を持って勘違いや思い込みをする方が多いようです。

#12 今月も頂きました 2010/05/31

*
義理の兄さんから今月も魚を頂きました。今月は島根沖でジギングをしたそうです。頂き物は大型の沖メバル1尾と小型5尾、中型のマハタでした。小型の沖メバル2尾は写真を撮る前に、すでに魚をさばけるお宅にお使い物となっていました。
さて大型の沖メバルは、いかにして食べるか。悩むところです。サイズは測っていませんが、タバコまたはまな板(60㎝×30㎝)あるいはマイ包丁(刃渡り15㎝、全長29㎝)から想像してください。ジギングで釣った魚はどれもサイズが大きく大変です。使う毎に手入れをしているマイ出刃でも。何とか3枚におろし、刺身でいただきました。刃渡り20㎝ぐらいの出刃が欲しいものです。
ところで皆さんは包丁の手入れをどうされていますか。素人には無理と思われていませんか。刃先がザラザラすれば良いのです。応急処置なら砥石がなくてもサンドペーパーでOKです。見違えるように良く切れます。もちろん砥石があるに越した事はありません。ただ、砥石を使ったときは、砥石の手入れもしてください。もう一つ同じサイズの砥石を用意し、砥石で砥石の表面を磨いて平らにするのです。
最後に、今回の刺身について家族に感想を聞くと。子供はまあまあ。妻は釣ってから時間がたっていないのでうまみが出ていなかったと。さらに子供に今までに叔父さんからもらった魚の感想を聞くと、メジロでもカンパチでもなく、なんとアコウが一番美味しかったと言います。我々の子供のころには、こんな魚を食べたことがなかった。